本文へスキップ

株式会社北青はプレス金型の設計、製作を専門とする 会社です。

TEL. 0467-78-7255

〒252-1125 神奈川県綾瀬市吉岡東3-9-4

会社方針CONCEPT

会社方針

〇 顧客の満足する製品を高品質・短納期・適正価格で提供する
〇 物づくり産業の基礎を支える会社として最高のの技術水準を目指す
〇 NC大型機械を導入し、大物から小物まで幅広い受注を目指す
〇 NC関連機器を積極的に導入し社内一貫加工を目指す
〇 安全で働きやすい、生甲斐ののある職場の確立する
〇 安定的事業の発展による顧客、社員、地域社会に貢献する


CEOメッセージ

CEO

私共(株)北青は創業以来40年余りにわたりプレス金型設計、製作一筋に技術力の研鑽と高度な品質保証体制の構築に努めて
参りました。
日本の工業技術は時代の変遷と共に飛躍的な進歩を遂げ、
その一環を担う金型技術の果たす役割はますます重要になっています。
取り分け開発途上国からの日本の工業技術として求めれているものは金型技術と言われております。
当社のプレス金型技術とは乗用車、トラック、建機、軽トラを
はじめ、あらゆる分野のニーズに対応できる生産システムを組むことが可能となっております。
これからも日本の基礎をなす、物づくりを貫き、我が国のひいては世界の工業発展の一躍を担って参ります。
近年、金融危機や原油高騰が経済不況を背景に物づくり産業は厳しい経営環境にありますがコンプライアンスの厳守はもちろんの事、お客様、第一主義を貫き、会社一丸となってお取引先やお客様に喜ばれ、地域社会に貢献できる企業を目指します。
今後とも皆様のご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。


会社沿革

1973年9月
旧代表役 村井寛之が長年の技術経験を生かして村井工業所として 創業を開始
1974年11月
資本金500万円にて有限会社北青工業を設立
1979年9月
社内一貫加工を目指し、倣いフライス#6を導入。低コスト・短納期を実現
1984年9月
資本金1500万円に増資、昭和60年1月大型化を目指し、            タテ型マシニング倣いフライス#12導入        
1985年2月
資本金3000万円に増資
1992年6月
デジタイザーTD20A、門型マシニングセンターMCV-A導入         CADCAMシステムIDMS-ADDPタイプ導入  
1994年11月
日立造船情報システムCAD/CAMシステムGRADE導入
1996年7月
門型マシニングセンターMCV-AUを導入       
2000年11月
有限会社北青工業から株式会社北青に改装                  門型マシニングセンターMCR-A(5面加工機)導入       
2001年11月
日立造船情報システムCAD/CAMシステムSPACE-E導入
2004年10月
ハイテン材対応の為1200t油圧トライアルプレス導入
成形シミュレイション導入
2004年11月
上記の一貫として成形シミュレイション導入
2008年2月       
日本テクノ 電力削減に取り組み パトランプ設置       
2011年7月
日本テクノ ESシステム ERIA設置 電力削減-30パーセント達成  
2012年5月       
リコー imagio MP W2401SP スキャナー/デジタル複合機          大型コピー機 購入 
2013年6月
設備増強の為 OKUMA 門型マシニングセンターMCVーAU 及び、OKUMA マシニングセンター(♯8)導入

バナースペース

株式会社北青

〒252-1125
神奈川県綾瀬市吉岡東3-9-4

TEL 0467-78-7255
FAX 0467-77-7611